一生住む家だからこそ健康住宅という選択肢を

つみき

ヒートショック対策として

模型

健康と住宅環境の間には、現在も色々な調査や研究が行われています。健康に影響を及ぼすと言われている住宅環境は次の通りとなっています。まず、建材や家具によって引き起こされる空気汚染です。身体の症状としては、アレルギーや食欲不振などが挙げられるでしょう。次に寒さによる影響があります。寒い室内だと風邪や肺炎などの病気を発症しやすいですし、激しい温度差があるとヒートショックを起こして血管へダメージを与えてしまう恐れもあります。このように、住宅環境は健康に対して様々な影響を及ぼす可能性があります。普段気にしていないかった身体の症状も実は住んでいた家に関係してくることもあり得るのです。ですが、住宅環境による健康被害をあらかじめ対策しているのが、健康住宅になります。

健康住宅が注目されている理由の1つに「温度のバリアフリー」があります。健康住宅ではシックハウス対策以上に大切になるのが、家の中の温度差による健康被害にあります。上にもある通りにヒートショックと呼ばれています。断熱や気密性能に優れていない住宅は家全体を温めるために大きなエネルギーを必要とするため、住人は自分のいる部屋だけを温めがちです。その結果、使用していない部屋や廊下、浴室は非常に寒くなっており、李文具などの客室は暖かい状態でヒートショックが発生してしまう危険性が増えてくるでしょう。家の中の温度差を解消することでヒートショックは改善されるため、健康住宅の魅力となっています。ヒートショックで悩んでいる場合は、健康住宅を検討してみてはいかがでしょうか。